「公園に防災機能」 実際に試してみました!          2017・11・19(日)

                          新聞に掲載されていた記事を基に、八丁目児童遊園で試してみました
 


 八丁目児童遊園には、あずま屋があります。

 隣の砂場で遊ぶ子供たちを見守る
 保護者の憩いの場所でもあります。

 先ず、このあずま屋を、災害時に活用出来ないものか
 試してみました。
 
 あずま屋の周囲を幕(テントの横幕、はと目穴あり)で囲み
 救護所、授乳場所、着替えスペースとして
 使う方法です。

 あずま屋の屋根の下には、パイプが通してあり
 横幕を括り付けるには好都合でした。
 しかし、実際に試してみると結ぶのは面倒で辛く
 出来れば、S字管を引っかけた方が容易にセット出来そうです。
 パイプの径にあわせて新規購入予定といたしました。


     この高さに結び付けるのには、
    脚立が必要な事も判明しました。
    脚立も、防災関連用品として、近日中に購入予定。

    また、数人で一気に作業することが大事です。

    完成までの所要時間は、約10分でした
。 


     

 気がついてみれば、
 あずま屋の屋根の色は
 自治会カラーの
 オレンジ
色!


   これで完成

  
授乳スペース、、救護所、着替えスペース
  一時集合所として、多くの住民が集まってくるこの公園。
  少しでも安心して避難できるよう
  様々な取組を仕掛けて行きたいと思います。

 防災かまどベンチ、
 防災無線塔
 砧八丁目児童遊園には
 防災機能が備わりつつ
 あります。

 マンホールトイレ
 防災倉庫の設置が
 今後の課題です。


 
                                       法人格 砧町自治会 防火防災部・広報部