法人格 砧町自治会                                         法人格 砧町自治会

       電話・FAX  03-3415-2257

〒157-0073 東京都世田谷区砧6-22-11
kinutamachizichikai@gmail.com

    
        コロナ禍の中、マスク着用の重要性は何度も言われてきました!







【振り返れば~】

2019年12月、中国で原因不明の肺炎患者が確認されたことから始まりました。
2020年1月に国内初の感染者が確認されてから
ダイアモンドプリンセス号、有名人の逝去、緊急事態宣言の発出など、
コロナ関連のニュースを聞かない日はありませんでした。
クラスター、オーバーシュート、パンデミック,テレワーク、アマビエ、COCOA、エアロゾル・・・・・
などの言葉を何度も耳にしました。
感染経路には、飛沫感染と接触感染があります。
その対策には、3密対策、接触対策、飛沫対策、体調管理があります。
そのうちの飛沫対策には、マスク着用が最重要です。
飛散防止の効果はあものの、たいていのウイルスは通過してしまうそうです。
しかし、マスクをすると、顔を触る回数が減り、手についたウイルスが口や目、鼻の粘膜から
体内に侵入することを防ぐ効果はあります。
「マスクは他人のためならず」です。

【マスクが無い!店の棚からマスクが消えた日】

マスク着用の効果が喧伝される中、町中の薬局、スーパー、ドラッグストアー、
ネット通販まで、マスクの品薄が続きました。
店舗の棚にマスクがないので、慌ててしまいました。
この時期は、かなり高めの価格で入手された方もおられたことでしょう。
同時期に、トイレットペーパーが品薄になるなどの情報も飛び交いました。
不安感が増して、ついつい走り回ってしまった日々がありました。
給付金サギや、デマ情報に、振り回される事も多くありました。

【手作りも1つの手】
マスク不足が続く中、手作りマスクが大人気。
町には、個性あふれる手作りマスク着用の人々が増えました。
おうち時間が増えたこともあって、マスク作りに拍車がかかり
生地だけではなく、ゴムひもが町から消えました。
手作りマスクのムック本も大人気。
それと同時に、手作りブームは、ミシンの売上にも大いなる貢献をしたようです。
初心者から、腕に覚えのある手芸のベテランまで、
ネットの手作りサイトには、自慢のマスクの画像が溢れていました。
布目の粗さや、染色などで、マスクに適さない生地もあります。
実際に手作りした人は、約30%だったそうです。(2020年5月)

   どこに行った?安倍のマスク ・・・・






 [安倍のマスク配布】
安倍のマスクは、いかがでしたか?
二世帯住宅で、表札は2軒分出ていても
ポストが1つのご家庭には、ワンセットしか届かなかったとか・・・・
小顔の方にはぴったりフィットのサイズでしたね。

しゃべるとずり上がり、下に引き下げると鼻が出てしまい、
引き上げると顎が出てしまう、そんな映像を思い出します。
そんな時でも、手作り派の創作意欲は衰えず
安倍のマスクをリメイクした画像や動画が日々UPされ、
賑やかでした。

[使いやすいのは不織布マスク]

マスクには、医療用、工業用、家庭用の3種類があります。
その形には、平型、プリーツ型、立体型があります。
家庭用の素材は、不織布とガーゼとウレタンタイプががあります。
一番多く使われているのが、不織布タイプでしょう。
簡単で、使い捨てできて、安価なので、多くの需要があります。
また、スポーツマスク等も登場して、選択の幅は広がりました。

 [マスク着用で困る人も、着用出来ない人も]
装着する段階から、上下裏表の判別がつかない
また着脱が困難など、困る人がいます。
マスクを着用すると、周囲の状況が分かりづらくなるとか、
相手の口元の動きがわからないど、
マスク着用は、障害を持つ人には大きな負担になるようです。
感覚過敏、肺疾患、皮膚炎など、
マスクをつけられない人がいることも、覚えてくべきです。









 


 自治会の取り組み 会員の皆さまと共に


 [自治会での取り組み]
法人格 砧町自治会としても、東京都による「新型コロナウイルス感染拡大防止普及啓発事業」の助成金を受け
会員の皆さまに、世帯単位で下記の感染拡大防止普及啓発の物品を お届けいたしました。
          
    個別包装不織布マスク, 除菌シート, 感染拡大防止チラシ, 感染拡大防止啓発シール。


セット作業は、自治会館にて、感染対策を万全にして、理事一同で行いました。
班長さんへの配達時も、マスク、手袋着用でお届けいたしました。



会員の皆さまの他に、地元小学校、消防団、商店街、日本大学、国際放映、砧工房
地域内グループホーム、病院、医院、朝日新聞販売店、読売新聞販売店、会館利用の皆さま、
その他、日頃より法人格 砧町自治会の活動にご協力いただいている皆さまに お届けいたしました

「この取り組みは、きっとコロナ終息に大きな力になるだろう!」との
丁寧なお礼と励ましのメールも頂きました。

           
 不織布マスク  除菌シート  啓発シール  拡大防止チラシ  マスク着用啓蒙のチラシ  拡大防止チラシ


コロナに加えて、花粉、黄砂まで・・・・・まさかの火山灰!


コロナの一年、また春が来て・・・]
コロナ化で、あっという間に一年が過ぎてしまいました。
マスク着用は、日常の事となりました。
急いで出かけた時に、うっかりマスク着用を失念していることがありました。
いぶかし気な他人の視線に気づき、マスクをしていないことにハッとしました。
それからは、個包装の、予備のマスクを携帯することを、忘れません。

[花粉の季節、黄砂も飛ぶ]

花粉だけではなく、黄砂も飛んでくるようです。
ますます、マスクは手放せません。
また、心配されている火山の噴火等でも、マスクは必需品です。
火山灰の防御には、ゴーグルも必需品です。
いずれにせよ、しばらくは「素顔のままで」とはいかないようです。

[マスクシール]

花粉が舞飛ぶシーズン前に、自治会では「花粉症です」のシールを作成いたしました。
ご利用いただけましたでしょうか?
コロナと間違えられないように、「花粉症です」「喘息です」「予防用です」「アレルギー取り組みです」など
マスクにつける訳シールは多種あります。センス良く自作なさった方もいらっしゃるでしょう。
この先も、マスク生活は続きそうなので、マスクの訳シールは必需品になるかもしれません。
企業のマークを貼り付けるなど、コロナ禍を商機と捉えた、取り組みも見られます。

 マスクの付け方・外し方・捨て方・一時置き方

 マスクの付け方」
付ける前の、しっかりした手洗いは重要です。
ぴったりと鼻にフィットさせて、隙間をなくすようにつける
ゴムひもを耳にかけ、鼻の部分を抑えながら下に伸ばす。
鼻を隠し、あごを隠す。これは、基本中の基本。

外すときにも、注意が必要」

ゴムの部分を持ち、フィルターには触れないように外す。
フィルター部分には触れずに、ビニール袋に入れ廃棄。
外した後の手洗いも重要!

 「きちんと捨てましょう」
路上にマスクが落ちていると、ゾッとします。
自分の使用したマスクは、自分で適切に処理しましょう。


 新しい生活様式。慣れていかなくてはならないようです。




  「マスク 消毒 自粛」

    マスク生活は、まだまだ続きそうです。
    神奈川県の「マスク飲食」では次のように指摘されています。
      M 適切なマスク着用
      A アルコールなどで消毒
      S アクリル板等でしゃへい
      K 距離と換気

    また、「真救」 という商品名を目にしたことがあります。
    本当に、マスク着用が私たちを救って欲しいものです。
    ワクチン接種も始まりましたが、
    これからも、マスクは手放せません。

  「外した時の、一時置き方」
   マスク会食の際、外したマスクの置き場に困ります。
   ある飲食店では、小さなビニール袋を用意してありました。
   マスクケースを持ち歩くのも、1つの方法です。
   素材も様々で、紙製の使い捨ての物もあります。
   お出かけの際には、バッグに予備のマスクと共に、
   マスクケースも1つ入れておくと便利です。


  「クリアファイルのアイディア」

    B6サイズのクリアファイル
    出かけた先で頂きました。
    マスクの収納に、ぴったりサイズ。
    火の用心と疫病退散!
    地元の消防署や、地域の皆さまで作成されたものです。
    このアイディア、すぐに真似できそうですね。
    お出かけの際にには、予備のマスクと
    クリアホファイルのマスクケース。
    いかがでしょうか。
   
 
   
 
 緊急事態宣言は解除されたけれど まだまだ対策は必要!ストレスない生活を送るために
 


      

おうち時間が増えたことは、地域時間が増えたことでもあります。
ここ砧で楽しめることを見つけましょう。
コロナうつ等にならないように上手に気分転換をしましょう。
ありがたいことに、図書館、美術館、体育館、大きな公園
すべて徒歩圏内にあります。少人数で出かけませんか。

子供たちは在宅勤務する真剣な親の姿をみて「かっこいい」と感じたそうです。
将来なりたい職業に、「会社員」が急浮上!
在宅勤務の両親の背中を見て、思うところがあったのでしょう。
コロナは、様々に人の意識を変えるようです。
目に見えない不安はあるものの、しっかりと対策をして
マスク無しで、笑える日が来ることを期待しましょう。


           
        
   
                                                                                                                                                                        


copyright©2012 houzinnkaku kinutamachizichikai all rights reserved.

                               法人格 砧町自治会は、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、会員の皆様の大切な個人情報の保護に万全を尽くします。