自助力強化 防災メモ  その2

                                      2019 法人格 砧町自治会 防火防災部
                       

災害時のスマホ充電をもっと知る 
災害時の情報収集の強い見方!充電の対策出来ていますか?

      災害時に頼れるスマホ!


       
   今や、92%の人が、スマホは災害時に避難場所に持って行く
             必須アイテムだと認識しているそうです。

    情報収集
            緊急地震速報
         安全な避難場所を知る
         避難所の情報
         救援物資の情報
         気象情報・・・・

   安否確認
         災害伝言ダイアル(毎月1日、15日に無料体験あり)
          災害用伝言板(00000JAPAN)・・・・・
    
情報発信 
         Twitter    (必要な情報が収集しやすい)
       facebook     (災害支援ハブで安否を一斉に発信)
         LINE       (東日本大震災を きっかけに既読機能あり)・・・・
            
               目的に合わせて使い分け、信用できる情報を取捨選択しよう。
             情報の発信元や発信日時の確認も重要。
             また、自分から不確定な情報を安易に拡散させないように。   
                        

   *その他のスマホの便利機能!
     
      声が出せない時に、居場所を知らせる    (アラーム音、着信音・・・・)

     懐中電灯の代わり     (画面の明るさ、ライト機能、カメラのフラッシュ・・・・)

     写真を撮る          (罹災証明・・・・) 
                              

     メモ代わりに

     気晴らしに    (ゲーム・音楽・・・・・・


      
決済機能     (災害時は、現金が最強アイテム)
     

* 避難所に行ったら、スマホの充電はどうしますか?

    避難所が停電している可能性もある。

   携帯電話各社のスマホ充電コーナーが設置されることはある。
 
   充電は可能でも、大人数のため待ち時間が長い。

   多くの利用者で、満足に充電できない。(例・充電できても10分程度)

   盗難に遭う可能性もある。

 
       



* スマホ充電は 自前で準備が鉄則!

   
     在宅避難でも、避難所に行くとしても


             スマホの充電は 自助努力で

            複数の手段を準備することが望ましい




        ケーブル・電源タップ・USBタップを忘れずに!
       


  充電式モバイルバッテリー

   事前に充電する一般的なタイプ
   
          事前に充電しておく

          スマホに、フル充電可能 

          数回分、充電可能な物もある

          自然放電する事がある

          もちろん停電したら、充電はできない
  
 * 乾電池式モバイルバッテリー  


    
    乾電池を使用

   小型で安価

   軽量
   
   乾電池は自然放電が少なく、長期保存可能
   
   容量が少ないが、乾電池をいれ替えればフル充電可能 

   乾電池は、他の用途にも活用できる

                  
               
       

 * 手回し式充電器は

    環境に依存せず、いつでも使える!

   充電に時間が掛かる。

   一定の速度で、ひたすら回し続ける事が必要。

    騒音が発生し、避難所などの集団の中では、使いづらい。

        *ラジオは消費電力が少ないので、手回し式でも使えるアイテム。

    
       
                              
   

              
 * ソーラー充電器は?
     
       小型ソーラーパネルで充電。
       太陽光にあててあらかじめ充電。
       雨天・夜間・室内では充電できない
       かなりの重量。
       発電力は弱い。
       日頃から、ソーラー充電にどれくらいの力があるのか確認しよう。
       
       
* 手回し式充電器とソーラー充電器は、あくまでも補助的なものと考えよう。
       


  * シガーソケットからの充電
  
    
     
車を所有しているなら、シガーソケットからの充電が可能。
    喫煙人口の減少などから、本来の使用方法よりも
    電気供給用のアクセサリーソケットとしての使用法が 主流になりつつある。

    シガーソケットチャージャーは比較的安価
    準備して、日頃から使い方に慣れておこう。
    車種によって、できない場合もありますので、事前に確認を!
    USBポートがついている場合もある(出力アンペアに注意)

    車のエンジンをかけ続けなければならない
        
    車は災害時の移動手段としての使用は控えなくてはならないが
    充電機能としては、重要な役割を担ってくれそう。

  * 最も 大事な バッテリーの寿命!


  充電以前に、バッテリーの寿命も考えておこう。

  バッテリーの持ちが悪くなったり、充電が遅くなったり
  再起動がたびたび起こる、勝手にシャットダウンするなど
  そんな、症状を感じたら、バッテリー交換を意識。

  災害時の混乱に、バッテリーに関しての心配をしないように
  平常時に、最新・最強の状態にしておこう。
   
  
お近くの避難所の、スマホ充電対策を、事前に確認。 
  ケーブルの持参は必須。

 
  

h法人格 砧町自治会
copyright©2012 houzinnkaku kinutamachizichikai allrightreservd