会員バス研修会 2016・3・1(火)

        南房総の頼朝桜と房総いちご狩り!


海ほたる                   和蔵酒造





3月1日、絶好の天候に恵まれ、砧を7時45分に出発いたしました。
理事役員と参加者、総勢36名。
アクアライン海ほたるでの休憩ののち、最初の見学地「和蔵酒造」を目指します。、
しかしそこは研修会なので、車中でしっかり研修をいたしました。
今回の題材は何がいいかを検討した結果、
会員の皆様にもっと自治会を身近に感じて頂こうと
日頃の活動をパネルにして、ご説明いたしました。
また、しおりの裏面にも、主催事業、協力事業を掲載して
私共の活動に関心を持っていただけるようにいたしました。

有意義な研修ののち、和蔵酒造に到着。
日本酒や焼酎の制作過程の説明を聴き、工場内を見学してから
いよいよお楽しみの試飲タイム。
約20種類のお酒に、つぎつぎに手が延びます。
もちろん、お財布の紐を緩めて、お土産も買い求めました。

次に、今日の行程のメイン、頼朝桜を鑑賞しに佐久間ダムへ。
佐久間ダムに向かう道の横の川沿いにも、もうすでに満開に近い桜が咲きそろい
目を楽しませてくれました。
頼朝桜とは、河津桜のことだそうで
石橋山の戦いに敗れ、小舟で逃れた源頼朝が鋸南町の海岸に上陸し
再起を図ったという史実からこう呼ばれているそうです。
佐久間ダムは観光地というには、あまりにものどかで静かな所でした。
湖に近い斜面に、柔らかなピンク色の桜が植えられています。
一度降りきって下から斜面を登っていくコースなので、
見上げた青空になお一層、桜のピンクが映えます。
何度もシャッターを切り、いい思い出が残りました。

お楽しみの昼食は、金谷にて「鰤のしゃぶしゃぶ膳」です。
この頃になると、初対面の方同士でもすっかり打ち解けて話が弾みます。
和やかな昼食の後は、お待ちかねのいちご狩り。
昼食の後にも係らず、園内での食べ放題に意欲満々です。
大きなビニールハウスの中、食べごろに赤くなったいちごを選び
次々に頬張っていきます。
いちご農家の方に、ここまで育てるご苦労をお聞きすると、
一粒一粒が愛おしく、ゆっくり味わって頂きました。
大きめのいちごで、10個も食べればお腹がいっぱいになります。
なんと、お一人で30個近く召しあがった方もいらっしゃいました。驚き!

最後は、お土産のお買いもの。
野菜、花、魚介類の揃った、道楽園にて。
帰りのバスの網棚はいっぱい。
いちごや、切り花の香りが立ち込めていました。

まだまだ明るいうちに、砧に帰着出来そうです。
運転手さん、添乗員さん、そしてみんなが集合時間を厳守したおかげで、
スケジュール通り、快適な日帰り研修となりました。
帰り道は、心地よい疲れで眠気が襲ってくるものですが、
そこは研修会ということで、寝てはいられません。
往路で、自治会活動の報告、紹介をいたしましたので、
復習の意味もこめてビンゴゲームをいたしました。
今まで何回か登場した、自治会イベントビンゴです。
豪華景品?とあって寝ているわけにもいかず、
みんな真剣に取り組みました。
そのせいか、これからの行事予定など
しっかり覚えて頂けたようです。
ビンゴに続いて、「会長とじゃんけん」
房総の名産品を賭けた勝負です。
車内が大いに盛り上がりました。

運良く、さほどの渋滞もなく、ほぼ定刻通り到着。
まだ明るいうちに砧に帰ってきました。

ご参加された皆さま、喜んでいただけましたでしょうか。
今度は、さくら祭りでお会いいたしましょう。
                                          rei

    



自治会イベントビンゴ



      この研修会には、法人格砧町自治会の理事と会員、合わせて36人が参加いたしました。

ナビゲーション





 
    会員研修のしおり
 
   のどかな風景
 
  青空に桜が映えます
 
  佐 久 間 ダ ム
 
  鰤のしゃぶしゃぶ膳
 
 どれが甘いかな
 
広いビニールハウスの中
 
頼朝桜

 

道楽園でお買い物




桜に誘われて坂道も辛くない